ディスコグラフィ

 

仲道郁代ベートーヴェン集成:~ピアノ・ソナタ&協奏曲全集<完全生産限定>

COMPLETE BEETHOVEN 32 PIANO SONATAS & 5 PIANO CONCERTOS

■収録曲目
【完全生産限定盤】
[1] 15CD/2DVD(DISC1~12=BSCD2、DISC13~15=SA-CDハイブリッドディスク(2chおよび5.0Multi)、DISC16~17=DVD)

[収録曲]
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ全集
DISC 1
1-4ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2の1
5-8ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 作品2の2
9-12ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 作品2の3
録音:2003年8月11日~15日、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

DISC 2
1-4ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 作品7
5-8ピアノ・ソナタ 第11番 変ロ長調 作品22  

DISC 3
1-4ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 作品28 「田園」
5ピアノ・ソナタ 第15番 「田園」を巡る対話
~諸井誠&仲道郁代レクチャー・コンサート(第4回)より
録音:2003年6月3日~7日、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール

DISC 4
1-3ピアノ・ソナタ 第5番 ハ短調 作品10の1
4-6ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調 作品10の2  
7-10ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10の3
11ロンド・ア・カプリッチョ ト長調 作品129 「なくした小銭への怒り」
[録音]2003年3月26日~30日(第7番)、2003年8月11日~15日(第5番・第6番)、2004年3月16日~20日(作品129)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 5
1-3ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」
4-6ピアノ・ソナタ 第9番 ホ長調 作品14の1  
7-9ピアノ・ソナタ 第10番 ト長調 作品14の2
10-12ピアノ・ソナタ 第25番 ト長調 作品79 「かっこう」
ボーナス・トラック bonus track
13選帝侯ソナタ 第2番 ヘ短調 WoO 47-2~第1楽章
[録音]2003年3月26日~30日(第8番~第10番)、8月11日~15日(WoO 47-2)、2004年6月1日~5日(第25番)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 6
1-9ピアノ・ソナタ 第12番 変イ長調 作品26 「葬送」
10-13ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 作品27の1 「幻想」
14-16ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2 「月光」
17-24創作主題(トルコ行進曲)の主題による変奏曲 ニ長調 作品76
[録音]2003年12月9日~13日(第12番~第14番)、2004年12月15日~19日(変奏曲)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 7
1-3ピアノ・ソナタ 第16番 ト長調 作品31の1
4-6ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31の2 「テンペスト」
7-10ピアノ・ソナタ 第18番 変ホ長調 作品31の3
[録音]2004年3月16日~20日、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 8
1-3ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53 「ワルトシュタイン」
4アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調 WoO 57
5-6ピアノ・ソナタ 第22番 へ長調 作品54
7-8ピアノ・ソナタ 第24番 嬰へ長調 作品78 「テレーゼ」
9エリーゼのために イ短調 WoO 59
[録音]2003年8月11日~15日(WoO 59)、2004年12月15日~19日(第22番・第24番)、2005年12月13日~16日(第21番、WoO 57)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 9
1-7ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」
8-40創作主題による32の変奏曲 ハ短調WoO 80 
41-58「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲とフーガ(エロイカ変奏曲) 変ホ長調 作品35  
[録音]2004年12月16日~18日(第23番)、2005年12月13日~16日(WoO 80、作品35)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 10
1-3ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」
4-5ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90
6-9ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101
[録音]2005年3月8日~11日(第27番・第28番)、5月31日~6月3日(第26番「告別」)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール

DISC 11
1-4ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」
5-6ピアノ・ソナタ 第19番 ト短調 作品49の1
7-8ピアノ・ソナタ 第20番 ト長調 作品49の2
[録音]2004年6月1日~5日(第19番・第20番)、2006年3月14日~17日(第29番)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール
DISC 12
1-3ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109
4-6ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 作品110 
7-8ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111
[録音]2005年3月8日~11日(第30番)、2005年5月31日~6月4日(第31番・第32番)、彩の国さいたま芸術劇場、音楽ホール 


ピアノ協奏曲全集
DISC 13
1-3ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15
4-6ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品19
7ピアノと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 WoO 7
[録音]2006年7月12日~18日、ベルリン、フンクハウス・ベルリン

DISC 14
1-3ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58
[録音]2006年7月12日~18日、ベルリン、フンクハウス・ベルリン

DISC 15
1-3ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
4-6ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
[録音]2004年6月14日~16日、ドイツ、バート・キッシンゲン、グロッサー・ザール


ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番(DVD)
DISC 16 (DVD)
1-3ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
4-6ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37

DISC 17 (DVD)
オルターナティヴ・エディット(ピアノ・フォーカス編集版)
1-3ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
4-6ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
7ドキュメンタリー「メイキング・オブ・ピアノ・コンチェルト」
出演:仲道郁代、パーヴォ・ヤルヴィ、ゲリット・グラーナー
[演奏部分]2004年6月14日~16日、ドイツ、バート・キッシンゲン、グロッサー・ザール
[ドキュメンタリー]2004年6月8日~16日、ドイツ、ハンブルク、ブレーメン、ダルムシュタット、バート・キッシンゲン

DISC-16(演奏)=片面2層ディスク
DISC-17(演奏/ドキュメンタリー)=片面2層ディスク
収録時間: DISC-16=約73分
      DISC-17=約115分(ピアノを中心とした別アングル73分+ドキュメンタリー42分)
ハイビジョン収録/COLOR/MPEG-2/NTSC
画面サイズ: 16:9/リージョン・コード:ALL(日本市場向)
音声:[DISC-1]リニアPCMステレオ(24bit/88.2KHz Recording) 
[DISC-2][オルターナティヴ・エディット]①DTSサラウンド(5.1チャンネル) ②ドルビー・デジタル・5.1チャンネル
[ドキュメンタリー]ドルビー・デジタル・ステレオ
字幕(ドキュメンタリー部分):日本語
複製不能・レンタル禁止

[演奏]
仲道郁代(ピアノ/スタインウェイ)

協奏曲(DISC 13-17)
ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

■録音:収録曲目の各CDをご参照ください。

■レーベル:RCA Red Seal

■品番:SICC-39032_48

■定価:19,800円(税込)

■発売日:2020年07月15日

■発売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ

ベートーヴェン生誕250年記念リリース
仲道郁代が辿る、深遠かつ多様なベートーヴェンの音世界。


■アニヴァーサリー・イヤーに結実するベートーヴェン解釈
仲道郁代が2003年~2006年にかけて4年がかりで成し遂げたベートーヴェンのピアノ・ソナタ32曲・ピアノ協奏曲5曲の全曲録音を、CD15枚、DVD2枚=17枚のディスクにまとめ、ベートーヴェン・アニヴァーサリーに合わせて待望のボックス・セットとして発売いたします。ベートーヴェンのピアノ・ソナタと協奏曲の全曲録音を一つのパッケージとしてまとめた日本人のピアニストは、おそらくこの仲道郁代が初めてと思われます。

■2020年、「ベートーヴェン演奏家」としてさらに充実を重ねる仲道郁代
仲道は、現在「ベートーヴェン没後200年」となる2027年まで10年がかりで「Road to 2027」というサントリーホール/東京文化会館での年2回のリサイタル・シリーズ、Hakujuホールで3年間6回にわたる「仲道郁代ベートーヴェンへの道 ベートーヴェン鍵盤の宇宙」を展開中。これに加えて、2020年7月からは横浜みなとみらいホールで全8回にわたる「仲道郁代ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会」をスタートさせる予定で、仲道の演奏活動の中でベートーヴェンがこれまで以上に重要な意味合いを持つことになっていきます。

■ソナタ32曲~仲道のステイタスを大きく押し上げたプロジェクト
これまで仲道は、6回にわたってピアノ・ソナタ32曲のチクルス演奏を行なってきています。

①1998年~2001年 神戸学院大学(全8回)
②1998年~2001年 フィリアホール(横浜青葉台)(全8回)
③2002年~2006年 クボタホール(長崎市)(全11回)
④2002年~2006年 彩の国さいたま芸術劇場(全12回)
⑤2008年~2016年 七ヶ浜国際村(全8回)
⑥2011年~2017年 しらかわホール(全12回)

中でも、2002年から2006年にかけて彩の国さいたま芸術劇場で開催された「ベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタを語り、聴く会」は、ベートーヴェンの碩学として知られた作曲家の諸井誠(1930-2013)との対談と演奏とで構成されたレクチャー・コンサートで、それと並行してRCAによるソナタ全32曲のレコーディングが行なわれました。これらは11タイトル・12枚で発売され、最終巻のピアノ・ソナタ第30~32番は2007年度レコード・アカデミー賞を受賞するなど、仲道郁代のピアニストとしてのステイタスを一段押し上げたプロジェクトといえましょう。

■協奏曲5曲~パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルが録音した唯一のベートーヴェン
一方、協奏曲は、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンとの共演で、2004年と2006年に録音されました。エストニア出身で現在はNHK交響楽団の首席指揮者を務めるパーヴォ・ヤルヴィと、作曲当時の演奏様式を考慮し、モダン楽器ながら部分的にピリオド楽器やスタイルを取り入れた室内オーケストラの雄としてしられるドイツ・カンマーフィルという、「21世紀のベートーヴェン」を具現化した名コンビがこれまで録音として残した唯一のベートーヴェンのピアノ協奏曲が、この仲道とのチクルスです。全5曲のほか、協奏曲第2番の終楽章として想定されていた秘曲「ロンドニ長調」も収録しています。

■演奏に漲る破格の熱気を伝える映像も
アノ協奏曲第3番と第5番については、録音と同時に映像も収録されています。収録会場は、ドイツ中部の温泉地として知られ、「キッシンゲンの夏」音楽祭でも有名なバート・キッシンゲンにある、20世紀初頭に建てられた美しい木造のホール「レーゲンテンバウ」。内装のシンプルな美しさだけではなく、音響面でも温かみのある美しいサウンドを生み出す魔法のような空間で、毎夏開催される音楽祭「キッシンゲンの夏」の開場としても知られています。その美しいホールを背景に、仲道と、パーヴォ・ヤルヴィの緻密を極めた指揮、そしてピアニストと指揮に俊敏に反応する、ピリオド奏法を取り入れたドイツ・カンマーフィルという三者が熱いドラマを繰り広げるさまを余すところなく映像として収録しています。協奏曲2曲の全曲演奏のほか、仲道に焦点を当てたカットを中心に編集したオルターナティヴ・エディット、演奏者・スタッフのインタビューやリハーサル風景を交えた40分のドキュメンタリーを収録しています。


■186ページの別冊解説書には日本の誇るベートーヴェン研究の碩学による作品解説
別冊解説書には、ピアノ・ソナタ全曲の演奏録音企画を監修した故・諸井誠氏が「人生ソナタ論」という独自の視点から詳細な分析を試みた大部の解説(ピアノ・ソナタ)、現在日本を代表するベートーヴェン学者・平野昭氏による協奏曲についての解説を掲載しています。諸井氏は、録音当時彩の国さいたま芸術劇場の芸術総監督で、「諸井誠&仲道郁代レクチャー・コンサート「ベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタを語り、聴く会」というレクチャー・コンサートという独自形式で仲道の全曲演奏を企画し、録音プロジェクトを実現させた。長年のベートーヴェン研究に基づく作曲家としての独自の視点による分析は、きわめて独創的・個性的なものです。また平野氏は、ベートーヴェン作品における調性の観点から協奏曲を解説しています。この両氏による論考のほか、2005年に行なわれた仲道とパーヴォ・ヤルヴィの対談「艶やかなる共演、精彩あふれるベートーヴェン像の登場、仲道郁代Xパーヴォ・ヤルヴィ、ベートーヴェンを語る」、仲道による過去~現在のベートーヴェン・チクルスの全記録を掲載し、いわば仲道によるベートーヴェン演奏の歩みを一つのパッケージに封じ込めた形になっています。

■ボックス・セット(映像除く)および単独アルバムのダウンロードおよびストリーミングも開始。
ボックス・セットの発売のほか、映像を除くボックス・セットおよび単独アルバムのワールドワイドでのデジタル配信(ダウンロードおよびストリーミング)も開始します。

【Spotify】はこちら

【amazon music】はこちら


【apple music】はこちら