ダイアリー 2019年1月

過去

2019年1月30日 

上田サントミユーゼにてアナリーゼ講座

2月11日に演奏するショパンの24のプレリュードと、バラード4曲についてのお話をしました。100名を超えるお客さま。ありがとうございます。
上田サントミユーゼのアナリーゼ講座は、着実にお客さまに定着してきていると思います。コンサートを聴いていただく前に、演奏者と曲について考えたり、感じたりできることは楽しいことだと思います。2月のリサイタルもお楽しみいただけますよう!

2019年1月27日 

山口宇部にて日本公衆衛生看護学会にて講演、そして・・・

ベートーヴェン悲愴、月光、ショパンエチュード、ノクターン、英雄ポロネーズなど演奏、終演後帰京してお祝いの会にて今度は、シューマン献呈、ロマンス、ドビュッシー月の光を演奏。
終演後帰京してお祝いの会にて今度は、シューマン献呈、ロマンス、ドビュッシー月の光を演奏。
学会での演奏では、楽屋にもスタッフの皆様のお心づくしの数々。感激しました。ありがとうございました。
そして学会が終わると帰京し、そのままホテルにて行われているお祝いの会に駆けつけ、サプライズで演奏させていただきました。
同じテーブルでご一緒したバイオリンの奥村愛さん、ギターの大萩康司さんとパチリ。

2019年1月26日 

ハクジユホールにてショパンリサイタル 後、山口へ移動

ハクジユホールで3年間にわたって行ってきたショパンの人生を追う公演の最終回でした。あっという間の3年間全6回。毎回完売満席のお客様。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。今回は、かなり長いこと弾いていなかったマズルカ作品59の三曲、幻想ポロネーズ、作品67のノクターンなど。深い作品ばかりです。最後には、企画構成の浦久さんにも舞台に立っていただきました。素晴らしい内容の資料、構成、浦久さんならではのプログラムでした。
そして終演後、山口宇部へ移動。27日の日本公衆衛生看護学会にて講演演奏するためです。空港には、山口大学の学生さんが迎えに出てくれました。またホテルに着いたら、学会の関係の皆様が迎えに出てくださっておりました。夜のお時間に、ありがとうございました。手作りのパネルカードにも感激いたしました。

2019年1月20日 

川口リリアホールにて東京交響楽団と飯森範親マエストロとチャイコフスキーの協奏曲

満席のお客様、ありがとうございました!川口リリアの大ホールはお客様との距離がとても近く感じられます。
指揮の飯森君は大学の同期。10代の頃を思い出して感慨深いです。同学年なので、もちろんリハーサルも舞台袖でもタメ口。それも新鮮です。大いに刺激をもらえます。

2019年1月19日 

サントリーホールにて東京都交響楽団と小林研一郎マエストロと皇帝

ベートーヴェンの皇帝を演奏しました。日本赤十字のチャリティコンサートでした。完売満席のお客様、サントリーホールの満席感は独特の温かい雰囲気があります。舞台の上でとても幸せな気持ちになります。素晴らしい都響の演奏、大きく包んでくださるマエストロ。あたたかいお客様。ありがとうございました。

2019年1月17日 

BS日テレ” 恋するクラシック”の収録

収録がありました。2月11日夜21時よりBS日テレにて放送です。是非ご覧くださいね。短い曲たちですが二曲演奏しています。音大生からの質問に答えるコーナーもありました。クラシックの番組が増えることは嬉しいことです。多くの方にご興味を持っていただけましたら幸いです。

夕方には、東京交響楽団とのリハーサルもありました。20日川口リリアホールにて、チャイコフスキーの協奏曲を弾きます。指揮の飯森範親君とは桐朋で同じ学年でした。久しぶりにご一緒できて楽しいです。

2019年1月10日 

大阪音大にて弾き合い会

今年度の大阪音大の生徒さんたちのプチ学内門下生のみの発表会。それぞれが30分くらいずつの大曲たち。ずっしりと今年の成果を発表してくれました。卒業してハンガリーに留学中の水谷君も参加してくれました。こうやって、在学生、卒業生の演奏を聴くことができることは先生冥利に尽きます。
終わってからは、いつも生徒さんたちのレッスンを手伝ってくださっている芹沢文美先生も一緒にお食事会。楽しい時間です。

2019年1月10日 

大阪にて記者懇親会

4月12日に行われる兵庫芸術文化センターのリサイタルや、今後の演奏活動についての記者懇親会がありました。
5月26日の東京サントリーホールでのリサイタルと同じ曲目です。関西でもお聴きいただけること、とても嬉しいです。
ベートーヴェン悲愴ソナタ、ブラームス作品76、シューベルトハ短調ソナタを演奏します。ブラームスは心奥底から震えるほど切なく、シューベルトは、哀しく美しい。
シューベルトのソナタは、これまで小さなイ長調しか弾いたことがありませんでした。新しい挑戦です。そして、今、その世界に足を踏み入れて良かったと、しみじみ感じています。この心持ちは、私にとっては新しい景色です。

2019年1月9日 

大阪音大ミレニアムホールにて公開レッスンと講座

ご熱心なピアノの先生方、生徒さんたちが定員をはるかに超えてホールいっぱいにいらしてくださいました。ありがとうございました。

2019年1月6日 

桐朋にて木の香りコンサート

桐朋仙川キャンパス内にて行われる木の香りコンサート。学外の皆様にもお聴きいただけるコンサートです。生徒さんたちは、お正月返上?で頑張りました。
それぞれ着実に成長してくれていて嬉しいです。
写真は終演後の記念撮影。そして、いつも室内楽のコンサートで譜めくりをしてくれる百瀬君。今日は、演奏者です。ブラームスの変奏曲、ラヴェルの鏡より二曲演奏してくれました。

2019年1月5日 

焼津市文化センターにてコンサート

新しい年となりました。今年始めのコンサートは焼津にて。千住真理子さんと長谷川陽子さんとのベートーヴェン大公トリオなど。大公トリオ、素晴らしい曲です。特に三楽章の天国的な響きには心震えます。
そして今日も富士山がとても綺麗でした。
写真は、焼津市文化センターの公演でいつもいただく手拭い。右は10年ほど前のもの。大切に使っています。本当は30年前にもいただきました。それは流石にもうぼろぼろ。左の色の濃いのが今回いただいたものです。微妙に色が異なるのは、お洗濯の回数が重なっているせいなのか、でも波やお魚?の幅も、文字も微妙に異なるような、、デザインが少し変わってきたのか否か、、また次回が楽しみです。