ダイアリー 2017年3月

最新

2017年3月26日 

ウエスタ川越にて読響とコンサート

こちらも大きくて立派なホールです。一昨日のスーパーオーケストラとの皇帝。今日の読響との皇帝。オーケストラ、指揮者、ピアノ、ホール、全て変われば、演奏も変わる。生の音楽とは、それほどまでに生きたものなのです。
今日の指揮は円光寺雅彦さん。安心の安定感です。ありがとうございます!そして読響も素晴らしい。弾きながら新しい発見も。
そうだった、いつも月光ソナタで語っている神の歩みのリズム、、皇帝にも印象的に使われていたではないですか。何度弾いても、新たな発見。たのしいです。
そして、家に帰れば、、ピアノ椅子のところで、もっと弾いて!と言っているのか、弾くのはやめてくれ、、と言っているのか、、クレアの真剣な眼差しです。

2017年3月25日 

昨日の写真をいただきました!

昨日のチャリティコンサートでは、終演後、ロビーにて募金活動も行いました。
たくさんのお気持ちをいただきました。ありがとうございました。
写真は、バイオリンの磯絵里子さん、仙台フィルコンマスの神谷未穂さん、読響ビオラ主席の柳瀬省太さんと。リハーサルの様子。そして美しいオペラシティの会場。
今日は、ウエスタ川越で明日のためのリハーサルもありましたが、ウエスタ川越も素晴らしいホールです。
明日は読響と、14時からコンサートです!

2017年3月24日 

オペラシティにて、がんばろう日本スーパーオーケストラコンサート

震災遺児の方への奨学金のためのチャリティコンサート。ロビーでも、毎日希望奨学金の募金活動も。今日のために全国のオーケストラからメンバーが手弁当で駆けつけています。
北は札響、仙台フィル、東フィル、N響.読響、大フィル、他にも、そしてソリストの方もオケに載っています。
私はベートーベンの皇帝を演奏しました。指揮は海老原光さん。スーパーオケの熱演と若々しいエネルギーに満ちた海老原さんの指揮で充実した舞台となりました。
写真は、海老原さんと演奏直後。プログラム表紙、そしてメンバーリスト。オケ名の後にCMと書いてあるのは、コマーシャルではありません。コンサートマスター、ということです。あちこちのオケのコンマスも集合です。そして、開場直後の舞台をモニターで観察!誰もいない舞台は不思議な緊張感がありますね。

2017年3月23日 

シフと握手!

今日は、オペラシテイにて明日のコンサートのリハーサルでした。
東日本大震災によって親御さんを亡くしたお子さんたちへの奨学金のためのチャリティコンサートです。毎日新聞の主催です。
そのために、全国からオーケストラメンバーが結集しました。いろんなオケのメンバー合同オケです。仙台フイルのメンバーもいます。私はベートーベンの皇帝を演奏させていただきます。指揮は海老原光さん。
と、リハーサル楽屋で、今日もコンサートの、アンドラーシュ シフさんにバッタリ。一昨日のコンサートの余韻の中で、握手していただきました。楽屋にいらっしゃる時から、舞台の上と同じ巨匠オーラすごいです。
写真は、そのあと行った、アシダさんでの仮縫いの様子。また新しい一着。芦田多恵さんのデザインです。スタッフの方が、丁寧にフィッテイングしてくださいます。ピアノを弾くうんどうにもフィットできるよう細かく対応くださいます。

2017年3月21日 

アンドラーシュ シフのコンサート

久しぶりにコンサートへ。自分のコンサートではない夜のコンサート、これまでなかなか出かけられませんでした。
しかし!ようやく娘も二十歳。今日は娘はシアターコクーンでの令嬢ジュリーというお芝居へ。私はオペラシティでのコンサートへ。
ようやく、子育てひと段落、、ということでしょうか。
考えてみれば、子育て中のママ達は、夜のコンサートへ出かけるというのは本当に難しいものです。コンサートを仕事にしている我が身を振り返ってもそうなのだから。
シフの公演は、休憩なしの二時間、そして、そこからこれだけのアンコール。
アンコールでバッハのイタリアコンチェルト全曲聴けてとても嬉しかったです!

2017年3月20日 

鹿沼市にてコンサート

中丸三千繪さん、川井郁子さんとコンサート。盛りだくさんなプログラム。
私もベートーベン、ショパンと演奏しました。
楽屋には、こんなにたくさんの種類のキットカットが。初めて見ました。
そして、中丸さんからの差し入れで、ネスカフェバリスタが。こちらは、自宅にどうぞとのことで!!持ち帰りいたしました。中丸さん、ありがとうございます!
帰りに宇都宮の餃子を食べよう計画を、マネージャーの肥後さんと調律の小林さんと企てたのですが、どこも行列。あえなく断念して帰京しました。

2017年3月20日 

今日のクレア

久しぶりクレア登場です。
お風呂の後、ドライヤーの風が気持ちいいー状態です。

2017年3月19日 

新宿の朝日カルチャーセンターにて西原稔先生のベートーベン講座にゲストでご一緒させていただきました。

ベートーベンの全32曲のソナタの中で、多分最も不人気の、そして、訳のわからない22番のソナタ。これは、一体何なのか、、という講座。
数ヶ月前、桐朋にベルギー王妃がいらした会にて、西原先生にお目にかかり、22番について調べたいとご相談したところから、この講座に呼んでいただくことと繋がりました。
この不思議な二楽章形式のソナタ、私の中では、2つの他のソナタとの関連を感じます。それを、モティーフから検証し、なおかつ、西原先生が、ベートーベンのスケッチ帳や、様々な論文などに書かれていることなどからも検証してくださるというかなりマニアックな会。あっという間の1時間半でした。いくつかのソナタに、私なりの解釈や、繋がりの見解があって、でも、それを実証するような資料を探したりする時間がない!
残念だなあと思っているところ、西原先生からは、それは、演奏家の見解なので、学者のようにエビデンスを探す必要はなく、ベートーベンノートを作って書き出しておいて、のちに本にまとめればいいのでは!とアドバイスいただきました。そうだ!いつかそんなことができたらうれしいです。
先週も、国立新美術館の評議委員会、来年度企画している"音楽がヒラク未来"フォーラムの企画打ち合わせ、30周年以降の様々な打ち合わせなどなど、、忙しい年度末を過ごしています。1つ1つ、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

2017年3月16日 

苔玉の上に桜が咲きました!

今週に入り蕾が開きました。この後は、鉢に植えれば、来年も楽しめるそう!
来年もこんな風に桜が咲いたら嬉しいです。

2017年3月14日 

ピアニストは面白い、、第7刷重版決定しました。

嬉しいことに、私の本、第7刷となりました。お読みくださった皆様ありがとうございます。これからお読みくださる皆様、ありがとうございます。
ハリーポッター本より200円高い、、のですが。結構笑えるところもあります。真面目なところもあります。
子供の頃からの悪戦苦闘。日本とアメリカとドイツで受けた音楽教育の違い、コンクールのこと。子育て中の演奏活動のドタバタエピソード、舞台の上で、舞台の前にどんなことを考えているのか。作曲家のこと、などなど、全て書いています。
そして今日は、文化庁文化審議会。これからの文化庁の方針などなど話も伺い、考え。その他、企画、芸術監督!をつとめさせていただく、全国4つの会館連携企画、音楽がひらく未来、の様々なことをやりとりなど、、毎日充実しています。

2017年3月12日 

千葉の白井市にてコンサート

不思議ボールという作品を前半に、映像とお話しと演奏で楽しんでいただくもの。
後半は、リサイタルという形の公演。
リハーサルのとき、私がさっさと進めようとすると!映像室にはモニター返しが無く、映像担当の飯作さんから、テキストメッセージが!舞台上のスクリーンに大写しになりました。いくよさん、ちょっとまってください!
本番では、舞台奥反響版全面に映像!絵本作家の長谷川義史さんの絵は、イマジネーションを刺激してくれます。

2017年3月11日 

大阪狭山にてリサイタル

完売公演!ありがとうございます。嬉しいです。大入り袋もいただきました。
舞台上のグリーンのライトは、ライトセーバーではありません!が雰囲気があります。
今年の春桐朋を卒業する私の生徒の林万里歌さんがお父様と聞きに来てくれました。記念撮影パチリ。
帰りの新幹線では、いつも立ち寄る新大阪駅のジュースバーで、梅桃苺ジュースを!珍しい組み合わせ。酸味が美味しい。

2017年3月8日 

調布にてコンサート

浦久俊彦さん企画による、おいしいクラシックというシリーズ第1回目。完売。ありがとうございます。
ショパンが好きだったというポトフ、のおはなしや、当時の食事状のウンチクなど伺いながら。くすのきホールの周辺のレストランも協力なさって、ここ三ヶ月は、ショパン特別メニューがいただけるのだそう。
レストランの方もかなりの人気だそうです。
特に、スリジエは、私が学生の頃からあるお店。スリジエのケーキを買っていただくのが、友達との楽しみでした。
なつかしい!

2017年3月7日 

ご心配をおかけいたしました・・・。

2月27日(月)上田でのリサイタル、終演後の写真です。上田サントミューゼのスタッフ諸氏との写真撮影も気持ちよく過ごしておりました。
が、翌朝、ホテルで、まるでジェットコースターに乗っているかのようなめまい。
その日演奏予定だった赤川次郎さんの600冊出版記念の会、そして、その翌日からリハーサルがあった読響とのシューマンの協奏曲2日連続公演、そして、そのまた次の日に開催のはずだった東京でのファンクラブ懇親会、、などなど全て演奏、参加叶わず、、。
多くの皆様に、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたこと、申し訳ありませんでした。
おかげさまで東京に戻り、自宅でも養生いたしまして、明日からは舞台に復帰できることになりました。これまで以上に、体調に気を配り、精進してまいりたいと思います。
病院のことなどお世話くださいました上田サントミューゼの田澤さんはじめホールの皆さま、ありがとうございました。急な状況へご対応いただきました読響のご関係の皆さま、公演ホールの皆さま、尾高先生、演奏を楽しみにしてくださっていた皆さま、本当に申し訳ないことでございました。
急な代役を引き受けてくださった小林愛実さん、ありがとうございました。
一年に一度の交流会を楽しみにしてくださっていたファンクラブの皆さま、すみませんでした。遠方からの交通の手配をなさっていらした方もたくさんいらしたと思います。本当にごめんなさい。
せっかくの記念パーティーでの演奏が出来なくて、赤川さんごめんなさい。
目はもう回りませんが、頭の中は皆さまの前で早く演奏したい気持ちが飛び回っています!
すみませんでした、そしてありがとうございました。